簿記の学習に必要な貸借対照表についての知識・ポイントを確認しよう

貸借対照表
picture

会社は、ある時点(決算日)での財政状態を記録するため貸借対照表たいしゃくたいしょうひょうを作成します。貸借対照表はバランスシートともよばれます(Balance sheet、略語としてBS)。ではそもそも貸借対照表ってどういう表なんでしょう?

 

 

仮に、わたしたちが日頃商店や会社を経営してるとします。会社に資産や負債がどれだけあるか気になって確かめるときに貸借対照表を見ますよね?「決算になったけど今会社に現金はいくらある?」とか、「期末に会社の商品ってどれだけ売れ残ったの?在庫どれくらいあるかなぁ」とかそんなかんじです

 

B/Sをみれば決算日に会社に「現預金」や「商品」というカタチでいくら残ってるか、いくら存在するのかひと目でわかります。貸借対照表は簡単に、次のように表されます

 

おまる商事の貸借対照表(円)

現預金   300
商品    200
売掛金   200
借入金  400
資本金  300

※左が資産、右上が負債、そして右下が純資産です。ちなみに負債は将来返済の義務があるもの、純資産は返済義務がないものです

 

貸借対照表の右側(貸方かしかたとよばれます)は、会社が営業活動をするにあたって資金をどこからどのように調達したかを表し、左側(借方かりかたとよばれます)は、その調達した資金の使い道を表すといえます。

 

この表でいうと、おまる商事の店主個人が商店に入れたお金は300円、外部の銀行から借り入れたお金は400円であること。そしてそのお金が「現預金」として300円残り、在庫として200円残っていること。そして商品を売り上げた先に対して請求できるお金(売掛金)が200円分あること、この3つがわかるんです!

 

ちなみに、店主が入れたお金は返済義務はないですね。ただし銀行から借り入れたお金は期限までに返す必要があります

 

またB/Sの右と左の合計金額は必ず一致します。「貸借がバランスする」と言われますが、これが貸借対照表がバランスシートとよばれる所以でしょうね(^^)

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ