簿記2級の本試験を攻略する!出題傾向と対策について話してみた

re- PAK86_cyottomimikashite20140321500-thumb-1050x700-5094

前回の記事では、簿記2級の配点と出題傾向について話しました。出題傾向だけでなく対策についても教えてくれ!という声にお応えして今回はよりくわしく、ここだけは外してほしくないポイントを話していこうと思います。ではいってみましょう(^O^)/

 

 

第1問:3級と同じく仕訳問題が5問出題されてます。

焦らずわかるところから埋めるのがポイントです。そうしたら徐々に難しいところも埋められたりしますから。この仕訳問題をスラスラ解けるようになると第2問以降の解答スピードアップにつながるのでぜひ気合入れて学びましょう

 

 

第2問:伝票とか特殊仕訳帳に関する問題が出題されてます。たまーに銀行勘定調整表なんかも出ます。

伝票は手を動かしテキスト通りの手続きを覚える!特殊仕訳帳に関しては、各書類の特徴を理解することを心がけてください。そんで伝票ってあまり出題パターンというか問題の出し方ってそれほど多くありません。よっぽど時間がない!そして特殊仕訳帳めんどくさい!!そんな場合はとりあえず伝票だけ問題ピックアップして演習するっていう手もあります。

 

 

第3問:精算表と財務諸表、そして本支店会計の問題が過去問をみる限り交互に出てます。

この3つに共通するのは決算整理仕訳、つまり期末やらなくちゃいけない処理です。そこでやらなくちゃいけないことをおさえてください。中でも一番力がつくのがこれは自分に合ってる!と思った総合問題を

 

 

第4問:費目別計算とか個別原価計算といった工業簿記の基本的な仕訳や勘定記入が出題されてます。

工業簿記全般に言えることですが、勘定の流れを把握することがかなり大事になってきます。工簿は特に手を動かしましょう。仕訳問題の対策は商業簿記と同じように科目があるのでそこをみて解答するのがよいです。

 

 

第5問:総合原価計算と標準原価計算がよくでてます。そして最近だと損益分岐点分析なんて変わったとこもでました。

対策は試験でごちゃごちゃしないよう必ずボックス図を書くことです。あと、損益分岐点とか直接原価計算の対策は、全部原価計算とかとの違いを理解し、本試験会場でもP/Lの下書きを作ることです。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ