働きながら簿記の勉強してる方へ!朝型学習を継続するコツとは

t-20131212
 
朝型学習を継続するには、辛くても根性で毎日早起きしなければなりません!といわれるとコツでもなんでもないですね、すみません笑
「コツというからにはなにか必殺技があるんだろうな?」
とっておきの秘儀を知りたい方に、こっそりお教えします。

 
 
まず、「朝型学習を継続する」というミッションを三つのステップに分けてみます。
 

  1. 早く起きる
  2. 起きて勉強する
  3. その勉強を毎日続ける

 
 
「なーんだ、そんなことわざわざ三つに分けなくても」と思われるかもしれませんが、
分割するのが大事なんです。自分にとって朝型学習を続けられない原因はどこにあるか、
どの段階でつまづいているのか明確にすることが早起き学習への第一歩です。
 
朝型学習成功のための三か条、具体的にみてみましょう。
 
 
①早く起きる
 
そのためには早く寝ましょう。そして睡眠の質を上げましょう。
まずは寝る3時間前にものを食べない、30分前にはテレビなど明かりの強いものを遮断する。
朝のアラームを予備に一個追加する。

 
 
これだけで朝の目覚めが格段によくなります。
 
 
②起きて勉強する
 
朝起きて机に向かいテキストを開き、電卓を叩く。
そのためには前日の寝る前30分、テレビを消して寝る準備ができたら、次の日の朝1時間から2時間で解く簿記の問題を確認します。
「この問題をやって次はこれをやるんだな!よし大丈夫」とシュミレーションします。
もし予定がたっていなければ間に合わせでいいので予定をたてます。
 
 
こうすることで指定の時間に起き、スムーズに勉強できます。
 
③勉強を毎日継続する
 
「初日は気合入れて起きられるんだけど二日目以降が・・・」という方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?
私も二日目以降続かなかった経験が多々あります。
 
 
勝負は二日目以降といっても過言ではありません。
そこで私はtwitter上で「毎日5時に起きます!」と、同じく簿記を勉強している仲間に宣言することで朝勉を継続することができました。
 
このように朝早起きを継続することで次第に頭が冴え、
1日が自分にとって長く感じられ、多くの仕事をこなせるようになりました。
ぜひ皆様もここに記したコツ、生かしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ