簿記3級の未払金:商品以外のものを購入し、支払った時の仕訳

 

re- 01df0a3ba569f249a707362f3d0a71d7_m

 

別の記事では、商品以外のものを売却した際の仕訳処理をみていきました。今度は商品以外のものを購入し、支払った時の仕訳についてみていきましょう。

 

 

 

1、未払金って買掛金とどう違うの?

 

商品を仕入先から買ったとき後払いにする場合、買掛金になりますよね?

いっぽう未払金で処理する場合は商品以外のもの(建物とか土地ですね)を購入し後で払う場合です。

 

 

買掛金は、商品を後で払わなくてはいけない義務にあたるので負債であり、

商品以外のものを購入した結果後で払う場合は義務なので未収金も負債です。

負債である点は共通してます(・ω<)

 

 

商品以外のものであればいいので、建物とか土地だけでなく有価証券など金融商品を購入し後払いした場合も未払金で処理する点に注意しましょう!

 

 

 

2、商品以外のものを後払いで買った時の仕訳は?

 

ではさっそく取引をみていきましょう

 

 

例題:おまる商店はネズミ商事から売買目的有価証券を500円で購入し、代金は当月末で支払うことにした

 

 

だと、借方側では売買目的有価証券という資産を購入してるので、資産のプラスとします。

貸方側では後で支払う義務である未払金という負債のプラスになります。

 

 

仕訳は、

 

売買目的有価証券 500 未払金 500

 

となります。

 

 

 

3、未払金を支払った時の仕訳は?

 

当期末に現金でネズミ商事におまる商店が500円支払ったという取引の場合は、

借方側は未払金という負債のマイナスとして処理します。

貸方は現金の流出が生じてるので資産のマイナスとなります。

 

 

よって仕訳は、

 

未払金 500 現金 500

 

となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ