日商簿記3級試験まで残り1ヶ月!直前期、おすすめの勉強法とは

 

re- PAK82_gannbattekudasai1039500-thumb-750x500-4071

 

「先輩、11月の簿記検定申し込んだんですけど、受かる気がしないです・・・」

「一応勉強してるんですけど全然力ついてる気がしなくて」

といった相談をもちかけられます。

 

 

 

しかし焦るのはまだ早いです!絶対合格できますから!

残り1ヶ月弱どういう勉強をしたらいいか道筋を示しますので、勉強法で迷ってらっしゃる方がいたら参考にしてくれたらと思います。

 

 

 

  • まだまだ時間はある!落ち着きましょう(^o^;)

 

学生にしても社会人の方にしても漠然とした不安はお持ちだと思います。ただ、まず自分が勉強できる時間を把握しましょう。具体的には、睡眠やご飯の時間、そして友人と遊んだり趣味の時間を紙に書き出すなどして計算するといいと思います。

 

 

相談を受けてて私が聞いた目安としては、

 

社会人は平日1時間、休日3時間勉強するとして、

 20日×1時間+8日×3時間=44時間

 

 

学生だとバイトや授業があるを週3回としては1時間、休日2時間勉強できるとして

12日×1時間+16日×2時間=44時間

 

とこんなかんじでしょうか、けっこう時間ありますよね??

 

 

 

  • やっぱりオススメは過去問対策から

 

本番に近い形で問題を解き、適宜テキストに戻って「あ~なるほどそういうことね」と疑問をひとつひとつ潰していくのが、一番効率がいいと思われます。

 

 

時間換算すると、

 (過去問2時間+見直し1時間)×5年分×2回転=30時間

 

となり、残り14時間ほど余ります。やはり上記1にあげたモデルの通り勉強できないこともありますので、それを3~4時間マイナスします。

 

 

あとはテキストの総ざらい、そしてよく間違えるところを中心に見直すことに時間をあてればざっくりとした戦略的にはOKです(・ω<)

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ