【簿記3級】前払金:商品注文時に内金支払い、商品仕入れた仕訳のコツ

re- PAK24_akusyuwokawasuhutari1194500-thumb-750x500-3766

以前の記事では未払金のように、まずはじめに商品を引き取ってからお金を後日支払うといった仕訳について学びました。

前払金に関する取引ってどんな取引?




今回は商品を購入し引き取る前に、お金を支払う取引について勉強します。ちなみにタイトルにある「内金」とは、商品の代金の一部を前払いしたときのお金をいいます。予約金とか手付金とも言われたりします

 

 

商品を購入する前に代金を支払った場合は前払金勘定で処理します。これはその分あとで商品を受け取ることができる権利になるので資産として処理します。

 

 

商品を仕入先から注文する際、お互いの商慣行からとりあえず先に少しだけお金を払っておくことがあるんですね。僕達でも早くゲームソフトが欲しい時は、予約時にお金を支払って発売日にソフトを取りに行くことがありましたよね?( ´∀`)

 

 

 

  • 商品注文時に手付金を渡した時の仕訳は?

 

では早速取引と仕訳をみてみましょう

 

 

例題:ゲーム会社であるおまる商店は500円の商品であるゲームソフトをTATSUYAで注文し、手付金として200円現金で支払った。

 

 

という取引だと、借方は商品を受け取る権利としての資産である「前払金」をプラスします。そして貸方はその代わりTATSUYAへ「現金」を手付金として支払ってるので、資産のマイナスとなります。

 

 

よって仕訳は

 

前払金 200 現金 200

 

となります。

 

 

 

  • あとで商品を受け取った時の仕訳は?

 

まず取引をチェックします

 

 

例題:おまる商店はTATSUYAから商品500円をうけとり、200円は手付金を相殺し、残り300円は現金で支払った。

 

 

だと、借方は商品を仕入れたので「仕入」(費用)のプラスとして処理し、貸方は「前払金」のマイナスと資産である現金の流出があるためマイナスで表します。

 

 

よって仕訳は

 

仕入 500 前払金 200
現金 300

 

となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ