【簿記3級】前受金:商品注文時に内金受取り、商品売上げた仕訳のコツ

 

re- LIG75_denwawokakerudansei1194500-thumb-750x500-3877

 

 

【簿記3級】前払金:商品注文時に内金支払い、商品仕入れた仕訳のコツ では前払金の仕訳についてみましたが、今回は前受金についてみていきましょう。大丈夫、前払金に関する取引と同じ要領でいけちゃいます( ´∀`)

 

 

 

  • 前受金に関する取引って?

 

商品を販売する前に手付金や予約金、そして内金ををうけとった場合は、前受金勘定で処理します。前受金は、お金をもらった分だけ商品を引き渡さなくてはいけない義務があるので、負債の勘定です。

 

 

前払金も前受金も、取引や契約がキャンセルされればもらったり渡したお金を返すことになってます。なので前受金はもらった内金や手付金をもらった人に返す必要があります。だから負債の勘定で処理するってかんがえてもいいでしょう。

 

 

 

  • 商品注文時に手付金受け取った時の仕訳は?

 

例題:ゲーム会社であるTATSUYAは、おまる商店から商品であるゲームソフト500円の注文を受け、手付金として200円を現金で受け取った。

 

 

という取引について、今回はゲーム会社TATSUYAの側から考えてみます。注文を受けた時点では500円の処理は何も行いません。手付金200円の現金流入について考えます。

 

 

貸方は、現に「現金」の流入がTATSUYAにあったので資産のプラスとなります。借方は手付金を受け取ったことにより、あとで商品を渡さなくてはいけない義務が生じます。そのため、「前受金」という負債勘定のプラスで処理します。

 

 

よって仕訳は

 

現金 200 前受金 200

 

となります。

 

 

 

  • 商品を渡した時の仕訳は?

 

じゃ上の取引に引き続き、実際商品500円を引き渡し、残りを現金で支払ったときは、借方は商品を渡したことにより、義務が消滅するため前受金(負債)のマイナスとして処理します。

 

 

貸方は、通常通り商品を売り上げてるので、収益のプラスとなります。

よって仕訳は

 

前受金 200 売上 500
現金 300

 

となります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ