【簿記3級】仮受金:内容不明のお金を受け取った仕訳のコツ

re- PAK85_lalamaittawai20140321500-thumb-995x600-4446

 

前回の記事、仮払金:とりあえずお金支払った時の仕訳のコツでは、仮払金に関する一連の流れに関する仕訳を学びました。今度は、とりあえずお金をもらった時や連絡のない送金があった時の仕訳について学びます。

 

 

 

  • とりあえずお金が入金されるってありうるの?

 

内容不明といっても、もともと売掛金や貸付金がある場合の相手先からの入金である場合が多いのですが、連絡なく預金口座に入金されることがあります。ただお金を受け取ってる以上なんらかの会計処理をする必要があります。

 

 

 

そこで、受け取った段階で何に対するものかわからない場合、「仮受金」として処理します。仮受金とは、現金を受け取ったが、受け取りの相手勘定や金額が未確定の時、一時的に処理するための勘定をいいます。

 

 

 

この仮受金、場合によっては一部返却することがありますので、返さなくちゃいけない義務の負債として捉えます。ではさっそく内容不明の入金があったときの仕訳からみていきましょう。

 

 

 

  • 理由がよくわからず入金されてた時の仕訳は?

 

例題:おまる商店の当座預金口座に500円の入金があったが、内容にかんしては不明である。

 

 

という取引だと、借方は資産である「当座預金」のプラスとして処理します。そして貸方は、場合によっちゃ返す必要がありうる「仮受金」(負債)のプラスとして処理します。

 

 

よって仕訳は、

 

当座預金 500 仮受金 500

 

となります。

 

 

 

  • 「仮受金」の理由が明らかになった時の仕訳は?

 

上の例題に引き続き、入金500円は得意先であるネズミ商事からの入金であることがわかった。

との条件を付け加えた場合の仕訳について考えます。

 

 

得意先とは、うちの会社がものを売ってるその売上先のことを言います。入金の理由がわかったところで、売掛金の回収によるマイナスとして正しい勘定項目に振り替えます。負債としての仮受金がなくなります。

 

 

よって仕訳は

 

仮受金 500 売掛金 500

 

 

となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ