【簿記3級】当店負担の仕入諸掛り(付随費用)と売上諸掛りの仕訳

re- OZPA89_danborumonowotoridasu500-thumb-713x500-3285

 

私たちが商品を仕入れる際、商品そのものの値段に加えて付随してお金をはらうものがあります。付随費用は仕入に関して発生した費用をいい、仕入諸掛りともいいます。具体的には運賃・配送料、商品の保険料とかですかね。これらの費用は、「仕入」勘定に含めて処理します。

 

 

 

  • 商品仕入れ、売上げそれぞれに付随してお金が会社から出ていく

 

タイトルにもある当店負担とは当店、つまり私達おまる商店の費用として処理するってことです。先方負担になると、いつも例題にでてくる得意先のネズミ商事が負担する費用ってことになります。

 

 

 

逆に商品を得意先に売り上げても、発送運賃などがかかります。これは商品発送のときにかかる費用なんですが、これを売上諸掛りといいます。これを私たちおまる商店が負担したとき、つまり当店負担の場合は、「発送費」(費用)として処理します。

 

 

 

  • 仕入諸掛り(当店負担)の仕訳とは?

 

それでは例題見ていきましょうか

 

例題:小売業のおまる商店は、商品300円を仕入先のひじき商店から仕入れ、代金は掛けとした。仕入れに際して、運送費(当店負担)30円を現金で支払った。

 

 

という取引だと、借方は三分法を前提とすると、運送費30円を含めた330円が「仕入」(費用)のプラスとして処理されます。貸方は、300円分が「買掛金」(負債)のプラスとして、そして付随費用30円が「現金」のマイナスとして処理されます。

 

 

よって仕訳は、

 

仕入 330 買掛金 300
現金 30

 

となります。

 

 

 

  • 売上諸掛り(当店負担)の仕訳とは?

 

こっちもさっそく例題見てみましょう

 

例題:小売業のおまる商店は、得意先であるネズミ商事に商品500円を売上げ、代金は掛けとした。売上に際して、発送料(当店負担)50円を現金で支払った。

 

 

という取引だと借方は、売り上げた500円分は「売掛金」(資産)の増加として処理し、当店負担の発送料50円を「発送費」として処理します。貸方には、「売上」500円と、「発送費」による現金流出をマイナスとして50円処理します。

 

 

よって仕訳は

 

売掛金 500 売上 500
発送費 50 現金 50

 

となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ