【簿記3級】立替金:仕入諸掛りと売上諸掛り(先方負担)の仕訳

PAK74_ookawagomennasai1209500-thumb-750x500-3899

 

以前の記事、当店負担の仕入諸掛り(付随費用)と売上諸掛りの仕訳 では私たちおまる商店が引取り運賃や発送にかかる運賃を負担する仕訳についてみていきました。

 

 

 

  • 今度は先方が負担すべき仕入諸掛りや売上諸掛りについて学ぶ

 

今回は、商品を仕入れる際に本来先方が支払うべき費用や、商品を販売する際に本来先方が支払うべき費用を、こちら側が立て替えておいたときの取引と仕訳について勉強しようとおもいます。

 

 

 

引取や発送運賃で本来仕入先や得意先のひじき商店やネズミ商事が負担すべきお金は当然それらの商店が支払うべきです。それをまとめてもらったり受け取るためにおまる商店が一時的に立て替えておくと考えられます。

 

 

 

そのため立て替えた金額はあとで返してもらうため、その返金をうける権利として「立替金」は該当します。そして資産に分類します。

 

 

 

  • まずは仕入諸掛りの仕訳から!

 

では例題をチェックしましょう

 

 

例題:おまる商店は、ひじき商店より商品300円を仕入れ、代金は掛けとした。先方負担の引き取り運賃30円を現金で支払った。

 

 

この取引だと、借方は「仕入」300円とあとで支払いを請求できる「立替金」30円のプラスで処理します。そして貸方は、あとで商品の金額を仕入先に支払う「買掛金」300円と現金30円のプラスで処理します。

 

 

よって仕訳は、

 

仕入 300 買掛金 300
立替金 30 現金 30

 

であります。

 

 

  • 次に売上諸掛りの仕訳!

 

 

基本的には仕入諸掛り先方負担と同じ処理です。商品500円を売り上げ、代金は掛けとし、相手が負担すべき売上諸掛りをこちらが負担したと考えるので、立替金として諸掛り50円を処理します。

 

 

よって仕訳は

 

売掛金 500 売上 500
立替金 50 現金 50

 

 

となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ