【簿記3級】立替金:従業員の給料を立て替えたときの一連の仕訳

re- N853_ayamarudanseitookorujyosei500-thumb-750x500-1767

 

以前の記事では「立替金」の中でも、商品を売り上げたり仕入れたりした時に本来先方が負担すべき費用をこちらが立て替えた時について学びました。仕入諸掛りと売上諸掛り(先方負担)の仕訳

 

 

 

  • 従業員に対しての立替金とは?

 

今回は、従業員が支払うべき金額をお店が立て替え、のちに給料を支払った時の仕訳について学んでいきましょう。本来従業員が支払うべきお金を商店が立て替えたときは、あとで従業員からそのお金を返して貰う権利が生じます。

 

 

この状態を従業員に対する給料の前貸しとも言いますね。前回も話したように「立替金」は資産として処理します。従業員などに対する一時的な金銭の立て替え払いをした場合に生じる債券だからともいえます。

 

 

試験では、「立替金」勘定を「従業員立替金」という勘定で処理することもありますので注意しましょう。

 

 

 

  • 従業員が支払うべき金額を建て替えたら・・・

 

さっそく例題で確認します

 

例題:おまる商店は従業員に給料の前貸しとして、現金100円を支払った。

 

 

だと、まず貸方は会社から現金の流出が生じてるので資産のマイナスとして処理します。そして借方は、その現金流出の原因として従業員への支払いを立替えたからであり、あとで返してもらえるので「立替金」(資産)のプラスとして処理します。よって仕訳は、

 

 

立替金 100 現金 100

 

 

となります。

 

 

 

  • その後、従業員に商店が給料支払ったら・・・

 

では次に、従業員に支払う給料400円のうち、先に立て替えた100円を差し引いた300円を現金で支払った、という条件を追加すると

 

 

借方は「給料」(費用)が発生してるのでプラスとして処理し、貸方は前に計上した「立替金」(資産)のマイナスと、あと300円従業員に支払う必要があるので、その分の現金の流出として処理し、

 

 

給料 400 立替金 100
現金 300

 

 

となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ