【簿記3級】商品券:当店商品券の発行、そしてその受け取りの仕訳

1af9c2424d7b104576ba96d029b47dcd_m

 

前回までは一般の製造業とか小売業のおまる商店を前提として話を進めていきましたが、今回はちょっと特殊です。おまる商店が百貨店だった場合(おまる百貨店)に限定します。

 

 

 

  • 商品券、もらった方は嬉しいが発行した方は・・・

 

そしてそのおまる百貨店を中心とした百貨店が商品券を発行した場合と、その百貨店が商品を売り上げ、その百貨店が発行した商品をお客さんから受け取った取引について学びます。

 

 

よくISETANとか高島屋などの百貨店て商品券を発行してますよね?誰かのお祝いにプレゼントしたりします。この商品券、もらったほうは嬉しいのですが、発行した百貨店からすればあとでその商品券をもって買い物にきたお客さんにそれ相当の商品を引き渡さなくてはいけません。そう、義務を有するので当店が発行した「商品券」は負債に該当します。

 

 

 

  • 気になる「商品券」発行時の仕訳

 

ではさっそく例題をみていきましょう。

 

 

例題:おまる百貨店は、商品券を300円発行し、現金をうけとった

 

だと、借方で現金300円もらいます。資産のプラスですね。ただ一方でその分だけ貸方で将来それ相応の商品を引き渡さなくてはいけません。義務に該当するので「商品券」(負債)のプラスとして処理します。仕訳は、

 

 

現金 300 商品券 300

 

 

となります

 

 

 

  • 商品が売れて、お客さんから商品券をうけとったら?

 

上の例題に引き続き、おまる百貨店は商品であるおもちゃ500円を売り上げ、商品券300円と残り現金200円をうけとった。

 

 

だと、商品を売り上げることで500円分収益は現実にあげることができます。よって貸し方は収益のプラスです。一方で商品を引き渡したので300円分の負債(商品券)は消滅します。のこり200円は現金で受け取るので、

 

 

商品券 300 売上 500
現金 200

 

 

となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ