【簿記3級】有価証券利息:公社債の利息受け取りに関する仕訳

re- good_woman前回は、公社債の仕組みや購入した際どういう勘定で仕訳するのか学習しました。株式と比較したほうがわかりやすかったですね、同じところちがうところあったと思います。

 

  • 公社債は有価証券だけど、借金

 

今回は、公社債の利息の受け取りについて勉強します。株式の場合は配当をもらえましたよね?配当金受取・株式売却仕訳はここをおさえろ! 社債の場合は、結局会社が他の個人や会社にしてる借金なわけです。

 

 

借金だったら返済しないといけないし利息を払わないといけないですよね?貸付金と受取利息はきってもきれない関係。ポイントはここ なので、社債を持ってる人は利息を受け取ることになります。

 

 

もっと内容をつっこんでいくと、株式の場合会社が無配とよばれる株主が配当を受け取れない場合があるんですが、公社債の場合は必ず利息を支払わなくてはいけないし必ずうけとれます。

 

 

 

  • 利息の計算方法は貸付といっしょ!

 

利息の計算方法としては、公社債の額面金額(購入金額ではないですよ!)に利率をかけて計算します。例えば額面金額が500円で、利率が年2%、そして1年社債を保有していれば、500円×0.02×12ヶ月/12ヶ月=10円の利息がもらえます。借入金、貸付金といっしょですね( ´∀`)

 

 

 

  • 利息を受け取った時の仕訳をみていこう

 

例題:おまる商店が保有しているネズミ商事社債券額面500円分について、1年もっていた見返りとして利息を受け取った(利率は年2%)

 

 

さきほど計算した数値と一緒なので利息は10円です。勘定は貸付借入と区別します。「有価証券利息」という収益の勘定で表します。現金もらってうれしい、だから「有価証券利息」は収益ですね。よって仕訳は

 

 

現金 10 有価証券利息 10

 

 

となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ