【簿記3級】為替手形の振り出し、そして為替手形決済時の仕訳

2d0232e2ed9dbfbbc3eb129d2f921281_s

以前の取引は手形取引の中でも、約束手形について勉強しました。今回は、「為替手形」について勉強します。最初勉強した時は、為替手形についてはかなり苦戦するところなのでなるべく丁寧に話していきます

 

  • 為替手形って約束手形とどう違うの?

 

為替手形ってまず登場人物が基本的に3名出てきます。約束手形は2名でしたよね。ここがごっちゃになりやすいです。手形を振り出す人、手形に書かれているお金を支払う人、手形に書かれているお金をもらう人の3名です。これをしっかり押さえておいてください。

 

 

例えば、手形を振り出したおまる商店が、得意先であるネズミ商事に対して決まった日にXX円をTATSUYA商店に支払ってくださいと指示する手形ってことです。

 

 

図にすると

IMG_2393

こんなイメージ

 

 

振り出した人は、本来得意先に対し「売掛金帳消しにするから、私の仕入先に対してその分のお金を支払ってください」と言っているのです。つまり、手形を振り出したことで掛代金を相殺できます。よって「売掛金」のマイナス、そして「買掛金」のマイナスとして処理します。

 

 

  • 為替手形を振り出した会社の仕訳

 

例題:おまる商店は、仕入先であるTATSUYA商店に対する買掛金300円を支払うため、得意先であるネズミ商事を名宛人とする為替手形を振り出し、ネズミ商事に引き受けてもらい、TATSUYA商店に渡した。

 

 

名宛人は、約束手形の場合と違い、為替手形では手形代金を支払う人のことをいいます。よって支払うのはTATSUYAですよね。引受というのは、手形代金を支払いを受けますよ、つまりお金をもらいますよってことです。

 

 

よって、振り出したおまるは買掛金300円の減少とともに、ネズミ商事に対する請求権を失うので、売掛金300円の減少です。よって仕訳は、

 

 

買掛金 300 売掛金 300

 

 

となります。

 

 

 

  • 振り出した為替手形が決済された時の仕訳

 

振り出したおまる商店は、手形が存在していないので、手形に関する仕訳はありません。よって「仕訳なし」となります。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ