【簿記3級】手形売却損:約束手形・為替手形の割引についての仕訳

054393

以前約束手形や為替手形の取引について勉強しましたね。為替手形については2つでなく、3つ会社が出てくるのでややこしかったです。もう一度ここらへんの記事で見直していきましょう⇒手形の受け取りと引き受けたときの仕訳為替手形の振り出し、為替手形決済時の仕訳

 

 手形の割引について概要とポイント

 

今回は手形の割引について話していきます。手形を期日前に銀行に買い取ってもらった時の仕訳です。「手形売却損」と勘定項目は仰々しいですが、為替手形ほど難しくないです。なので今から話すポイント中心にみなさんは押さえていきましょう。

 

そもそも手形を割り引くってどういうことかというと、支払期日が2ヶ月後としますよね?でも今会社にお金がない、早く手形を現金化したい!そんなとき銀行が手形を買い取ってくれるんです。

 

「期日より早く買い取ります。でもその分手形に記載してる金額より低い金額で買い取るよ。その分手数料ね」と銀行がいいます。その銀行が受け取る手数料が、買い取ってもらった会社からすると「手形売却損」(費用)という勘定科目となるわけです。

 

 ではさっそく手形の割引についての取引・仕訳を確認しよう

 

例題:おまる商店はネズミ商事から受け取った受取手形300円を銀行に買い取ってもらい、割引料50円を差し引いた金額を現金で受け取った。

 

為替手形だろうが約束手形だろうが、受け取った手形を割り引く際の仕訳は同じです。手形を買い取ってもらうってことは手形を銀行に売るってことです。300円分の受取手形を銀行に250円で売ったと考えます。差額は手形売却損50円です。よって仕訳は

 

現金 250 受取手形 300
手形売却損 50

となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ