【簿記3級】手形の裏書譲渡と、その約束手形を受け取った時の仕訳

OZPA89_danborunosekaikarasotowonagameru500-thumb-985x500-3288
長かった手形に関する取引もこれが最後です!手形取引について応用チックなところを勉強します。前回は割引について勉強しました。今回は手形の裏書譲渡に関する取引を勉強します。

 

 手形の裏書と割引を比べてみよう

 

手形の裏書譲渡では、もらった手形を銀行で換金してもらいましたよね?銀行を割り引くってことは手形を銀行に売却することだよってことはお話しました。それに対して、手形の裏書は手形を他の誰かに渡すことをいいます。

 

例えば商品を仕入れる際に、買掛金の代わりにB商事からもらった約束手形をその仕入先C社に渡したりする時に使います。なぜ裏書という名前かというと、手形を例えば仕入先に渡す際に、自分のサインを手形の裏に書くからなんですね。ではさっそく取引をみてみましょう。

 

 手形を裏書して譲渡した時の仕訳

 

例題:おまる商店は、TATSUYA商店から商品300円を仕入れ、代金として得意先ネズミ商事から受け取った約束手形を裏書譲渡した。

 

通常通り商品を仕入れてるので「仕入」勘定のプラスです。また見返りとして、もともともってる約束手形「受取手形」をTATSUYA商店にサインして渡すので、「受取手形」のマイナスとして処理します。仕訳は

 

仕入 300 受取手形 300

 

となります。

 

 裏書した約束手形を受け取った時の仕訳

 

では前の例題について、TATSUYA商店側から見た取引について考えてみましょう。おまる商店にとっての仕入れは、TATSUYA商店の商品売上となりますよね?よって貸方は「売上」のプラスとなります。

 

いっぽう借方は、裏書譲渡された約束手形(これは為替手形の場合も変わりありません)を受け取ったので、それを最初に手形を振り出した人に300円という代金を請求できます。よって「受取手形」として処理します。よって仕訳は

 

受取手形 300 売上 300

 

となります。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ