簿記がわかると日経が読める!?簿記を受験するメリットとは

young businessman too weary to asleep on the desk
 
日商簿記検定って全国で数多くの方が受験します。
その数、3級2級1級合わせて50万人!不動産資格である宅建の約2倍以上の方が受験します。
それだけポピュラーな簿記検定、なぜこんなに人気の資格なんでしょう?

 
 
簿記・税理士・会計士受験経験を振り返って私なりにその理由を考えてみました。
 
簿記取得のメリット
 
①会社に対する理解が深まる、日経新聞が読め、就職活動に有利
②税理士・会計士受験の向き不向きが確かめられる
 
 
①と②について詳しく見てみましょう

 
 
①会社に対する理解が深まる、日経新聞が読め、就職活動に有利
 
日本経済新聞って読んだことあります?
あれって難しいですよね。就職活動に絶対必要だ!と友達に勧められ私も購読したものの、内容を理解できたかっていうとちんぷんかんぷん。しまいにはただなんとなくかっこいいという理由でしか読んでなかったような気が(まぁそういうはったりも大事なのかもしれませんが・・・)
 
 
一方、簿記では手形、売掛金、会社の株、土地や建物など様々なモノを扱い、売ったり買ったり、お金を貸したり借りたり、会社にお金を預けて株主になったり様々な取引に触れます。
その過程で「貸し倒れ」や「減価償却」、更には「M&A」、「為替(かわせ)」など日経新聞によく出てくるキーワードについて深く学びました。
 
 
簿記を学んだ後しばらくして日経を読んだんです。
そしたらなんと、新聞の中身が手に取るようにわかるではないですか!
「減価償却ってことは会社の建物の価値が減少するってことなのね、そうすると高く売れなくなるんだ。」
 
取引してる会社が倒産したら売掛金が回収できないね、その分損がでちゃうよね」など、会社について詳しくなることで他の就活生に差をつけることができます。
 
 
②税理士・会計士受験の向き不向きがわかる
 
税理士でも会計士でも簿記が大事です。特に会計士は「簿記に始まり、簿記に終わる」といっても過言ではありません。
よって簿記が得意な人が合格しやすいのです。
 
しかし、取得するまで税理士講座は年間10万円~15万円、会計士講座においては40万円~60万円と非常に高額です。
しかも税理士は平均6~7年、会計士は受験に専念して平均3~4年とかなり多くの時間がかかります。

 
それだけ時間と費用をかけても、簿記が苦手なまま受からず撤退する人ってたくさんいるんです。
私の周りでも同じ時期に会計士講座に申し込んだ9人中7人は途中で挫折し撤退し、ぜんぜん違う仕事をしています。
 
人に与えられた時間って決まってるんです。それなら有意義に使いたいですよね。税理士・会計士に絶対なる!って決めてれば問題ないんですが、どうせなら自分の力が発揮できる仕事を選びたいじゃないですか。簿記の学習なら比較的短時間でお金をかけず、自分に会計の仕事が向いてるか向いてないか試すことができるんです。「簿記の学習が税理士会計士受験の試金石」そういえると思います。
 
たかが簿記、されど簿記。簿記を学ぶ重要性がわかっていただけたと思います。
電卓とテキストさえあれば気軽にできる簿記の勉強、ぜひこれを機会に始めてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ