Twitterで受験仲間と繋がれば、独学でも簿記が続けられる

re-N866_iphoneijirudansei
私はTwitterのおかげで長期の受験を乗り切ることができたといっても過言ではありません。「受験仲間」がいない独学のデメリットをtwitterにより克服することができます。
ここではそのメリット・方法なんかを話していきたいと思います。

 
 
Twitterを使うメリット1 最後まで勉強を続けられる!
 
学校の期末テストなら一夜漬けでなんとかなります。しかし長期の試験だと、独学でモチベーションを維持するのって大変じゃないですか?
特に、夜遅くまで働いてたり、学生でサークル・バイトと駆けまわってる人だとなかなか難しいものです。
 
Twitterなら簡単に簿記受験生アカウントが作成できます。登録し「簿記 受験」なんかで仲間らしき人を検索しフォローするだけ!手っ取り早く受験仲間をみつけられます。例えばツイートで「今日1時間でこの範囲をこれだけやる!」と宣言すれば、フォロワーの視線もありますよね?否が応でもやらざるを得ない雰囲気に持ち込めるため、達成することでやりがいが感じられ楽しくなります。
 
 
メリット2 周りの人のモチベーションや意識の高さにに引っ張られ、気づいたら合格なんてことも!?
 
Twitter上では各予備校の模試の成績をアップする人がいます。同じ試験目指してる人が自分より良い点とってたら「負けられない!」と思いますよね。競争意識がかきたてられ、勉強意欲がどんどん湧いて、合格してしまった人をよく見ます。お互い刺激しあって合格するいい例です。
 
 
通学でも勉強仲間がつくれるんですが、試験と関係ない話しちゃったりするんですよね~予備校の喫煙所でだべってる人、みかけたりしません?あれってほんともったいないと思います。
 
その点、Twitterだとみたいときにみられるので、自分で時間を管理できます。
勉強に邪魔ならケータイを持ち歩かなければいいだけです。受験仲間との関わりも自分の都合にあわせられるので、無駄に時間を取られることはありません!
 
いざ独学で勉強しようとしても、周りに簿記の勉強してる友達がいないので、建てた目標をわすれ、挫折しがちです。しかし、SNSがひろまったことにより、今や日本どころか世界中の人々と気軽に繋がることのできる時代です。どしどし有効活用していきましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ