就職活動に迷ったら簿記が絶対有利、その3つのメリットをお伝えします

re-N745_su-tuwohaorusarari-man
「私にはアピールできる経験がない!」多くの就職活動中の学生がもつ悩みだと思います。学歴もそこそこ、バイトもそこそこ、サークルも飲みは参加したけどガッツリはやらなかった・・・
ちなみに私もそうでした笑 私自身それほど「意識の高い」学生ではなかったもので。

 
 
でもそんなあなたでも就職活動を有利に進める方法があるんです。それは・・・
簿記の資格をとりましょう!特に文系就活には簿記取得は大きなアドバンテージになります。
 
 
 
簿記には大きくわけて商業簿記と工業簿記の2つがあります。それを前提として、簿記を勉強するとこんなメリットがあるよ!ということを3つあげたいと思います。
 
 
 
① 経済の動きが把握できる
 
企業は1年ごと外部に向けて財務諸表という書類を作成しなければなりません。
いくらの利益があったかを示す損益決算書や、期末での財政状態を示す貸借対照表があり、これら書類をつくるには簿記、特に商業簿記の知識が活かされます。
 
 
日常的に行われている取引をどのように記録して、どのように外部にむけて報告書としてまとめるのかという点を簿記の勉強で勉強するので、経済の仕組みや動きを理解できるようになります。
 
 
 
② 経営戦略などのシミュレーションができる
 
商品の価格決定や在庫管理の際には、簿記とくに工業簿記を使って作成された数々の書類をもとに、企業の経営者は意思決定を行います。
 
 
商品を何個以上売れば儲けが出るかとか、不景気の時には固定費をいくら下げるべきかといった具体的な金額を計算できるようになるので、 企業がおかれているさまざまな状況を把握できるようになり、経営に関する見通しを立てる事もできるようになるでしょう。
 
 
 
③入社までに簿記検定取得を必須、または入社後重視している会社がある]
 
某外資系大手コンサルティング会社では簿記3級取得を必須としています。また、入社できたとしても就職後に簿記の勉強をするとなると学生時代と比べて時間の確保が難しいので大変です。今のうちに勉強しておくことをおすすめします。
 
 
 
 
ぜひ簿記を学んだ上で会社説明会に参加してください。企業の見え方が変わってくると思います。新たな視点がプラスされ「この会社クチではうまいこと言って財務諸表みたら結構危険な会社!」とか今までにない発見があると思います。就職活動を機にぜひ一度簿記の世界に足を踏み込んでみてはいかがでしょう?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ