転職に有利なのは実務経験。しかし簿記の資格とるなら今!その理由

re-LIG_kodokunizangyoucyuu
リーマンショック以降、経理の人材を求める企業は急に減少しました。経理を含む管理部門は営業販売などのいくら収益を生み出したか数字でわかる部門と異なり、どれくらい企業の利益に貢献しているか目に見えてわかりづらいことが要因です。

 
 
 
しかしながら、経理部門というのは企業の中で重要な役割を担っています。欠員が出れば、内部統制が脆弱になり、不正の温床となりかねません。大体の場合、代わりに経理が補充されます。時代を問わずニーズは必ずあるんです。
 
 
 
ましては今日本はアベノミクス効果で株式市場は活況を呈し、東京オリンピックも2020年開催されます。建設業サービス業を中心に企業の採用意欲は旺盛と言っても過言ではないでしょう。
 
 
 
一方転職市場にあっては、資格よりも経験してきた分野や業務などが重視されるのは紛れもない事実です。しかし企業の求めている実務経験をもった転職予定者が十分に企業に供給できているとはいえません。うまく両者をマッチングできてないのが原因です。そこで企業は何を考えるか?経理に向いているポテンシャルのある人材を採用しようとします。
 
 
 
ただ、ポテンシャルといっても限られた面接回数では人それぞれが経理に向いているか判断するのは容易ではありません。そこで判断材料とするのが「簿記検定」などの経理関係の資格です。主に製造業の一連の取引の流れを追い財務諸表を作成出来るようになる人材であることを証明する資格は、各企業の経理に向いているかどうか向き不向きを判別する有力な基準となるからです。
 
 
 
今景気がいい時に簿記の資格をとっておきましょう。企業の各業種のビジネスに精通した会計士の方々から伺うにこれほど景気のいい時期はなかなかないとのこと。また景気が悪くなればリストラにより転職市場には優秀な実務経験者があふれます。「簿記の資格いつとるの?今でしょ」との至言で締めくくらせていただきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ