検定試験は早く受かりましょう!簿記は資格をとってからが勝負!!

re- OOKAWA6_ana20140726104327500-thumb-1200x800-5368
 
だらだら勉強してても本当に意味無いです、特に簿記の知識はテキストや参考書で内容を理解して、問題集や過去問で知識を定着すること、そして本試験でアウトプットさえできれば合格出来ます(一応ですよ、ここがまぁ難しいわけですが・・・)

 
 
 
そもそも簿記ってなんで取るんでしょ?特に経理とかやってみたい!けど社内でやらせてくれる雰囲気もないし、いっそのこと転職してみようかしら、でも資格がないし、じゃ簿記とろうっておもったそこのあなた!なぜですか??
 
 
 
結局は簿記の知識が経理に必要になるからですよね??面接の要件にかかれたりもしますけど、、、でも机上で蓄えた知識がそのまま実務で使えるかといえばそうは問屋がおろしません。使える知識に変化させる必要があるわけです。
 
 
 
ただ、経理でやってる方でも机上の簿記の知識がない方ってめっちゃいます。借方ってなに?とかこれって仮払い?雑費?よくわかんない(T_T)って人ですね。でもそっちのほうが仕事で使えるんです。
 
 
 
ん?要は何が言いたいの?管理人が言いたいのは早く受かっちゃいましょうってことです。すぐ実務につけるチャンスがないならいち早く合格し実務につくようにしましょう。実務についてから非常に多くのことを学びます。実務についてからが自分の価値を高めるチャンス!!その実務にかかる知識がめっちゃ経理として生きてく中で大事なんです。

 

 

 

 

簿記の「本質的な理解」とか「楽しく勉強すること」自体が目的になってはいけません!簿記は実務についてからのほうがめっちゃ楽しいし会社や人の役に立ってるっていう仕事のやりがいもあります(だって簿記の勉強自体は机に向かって電卓叩くだけで何も世の中と関係もってないですよね?)
 
 
 
だからこのサイトではいち早く皆様が合格できるよう、机上の空論でくすぶってないよう手助けしたいと思ってます。だからコツをこのサイトで掴んで短期合格して、早く簿記の知識を人様の役に立てるようがんばってくださいね!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ