簿記3級、独学でいくならまずは基本的な勉強法をおさえましょう

re- YOU85_harowinjyosi20131019162822500-thumb-1238x800-5397 

管理人が独学で勉強してる時「今の勉強法で大丈夫なのか?」といくどとなく不安に苛まれました。テキスト読んで分かった気になって、演習が手付かずになってないかとか、本試験で解答できるくらい過去問こなせてるかとか考え出したらキリがない・・・(^o^;)

 

みなさんも経験されたor一度は経験するであろう不安を解消するのがこの記事。漠然とした不安に襲われたらこの記事に立ち返ってください、今から書く内容はもっとも基本的かつ大事なことです。ここに書いてあることを実践できればひとまずズレた勉強はしてないはずなので!ではいってみましょう

  
  
  
1、 テキストを読む
  

ポイントは紙に書きながらテキストを読むこと。特に机に向かって学習した時、はじめて学ぶ取引や新しい用語ができたら、シャーペンと紙を用意し、実際書きましょう。また、答えを考えながら読んでみてください。

 
 
 
2、 テキストを読んだらすぐ問題を解く
 

簿記は問題を解くことで知識が定着します。なので、テキストで新しいことを学んだらすぐに、例題や問題集を使って問題を解くようにしましょう。間違えた問題は(ケアレスミスも含めて)解いた日付を書き付箋をはり、もう一度解きなおす!

 
 
 
3、 もう一度おさらい、すべての問題を解く
 

テキストを全部読み終えたら、次はテキストを見ないで問題集をもう一度最初っから全部解き直しましょう。これで体系だった知識が身につきます

 
 
 
4、 過去問題集を解く
 

このサイトでオススメしてるものから選んで過去問題集を解き直しましょう。そこで本試験の問題形式に慣れ、限られた時間で効率的に合格点をとれるようにします。ポイントは必ず1回は時間をはかって解くこと!

 
 
 
いかがでした?「こんなんあたりまえだよ!」と思ってらっしゃる方は自信をもって勉強を続けてください。「ん?ちょっと方向性がズレてたぞ??」っていう方は、大丈夫、ここで修正していけば短期合格間違いなし(^O^)/
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ