簿記2級を取得したら税理士を目指せ、気になる税理士の魅力

re- PAK86_nayamubiz20131223500-thumb-900x600-4605
  

簿記の勉強してる方から「簿記2級とったんですけど、またなにか資格に挑戦したい!何か良い資格ありませんか?」と聞かれれば必ず管理人は「じゃ税理士がいいんじゃないですか」と答えてます。


  
  

1、なぜ簿記をとったら税理士か

簿記検定からのステップアップとして、受験者が多いのが税理士だからです。
税理士の簿記論っていう科目があるんですが、税理士受験をするみなさん、ほぼ必ず最初に受験する科目といわれています。その内容がほとんど日商簿記と一緒!簿記論の50%を簿記2級でカバーしていて、簿記1級にいたってはなななんと!90%!!

 
 

これは簿記合格したら税理士まで進むのがオトクと思われます♪♪だってプラスして勉強することがなくなりますもんね^^最終的には管理人は会計士受験にうつりましたが、簿記2級取得後挑戦し取得したのは税理士の簿記論でした。

 
 

いっぽう、簿記1級ってなかなか難しいです。予備校に通って3級2級とすんなり1発で合格された方でも、1級となると受験回数3回目とか4回目とかざらにいます。中には何度やっても受からず「もう税理士とか向いてないかも」と思って諦める方まで。非常にもったいないです!簿記2級とったらさっさと税理士へGO!

 
 

2、税理士の魅力って?

税理士になるとどんなことができるんでしょう?税理士は税金の専門家として近くの農家のおばあちゃんから地元の有名企業まで、税に関する計算(確定申告のお手伝い)ができるようになります。

 
 

税金って個人なら所得税、会社なら法人税を収めます。その一連の流れを確定申告というんですが、数字とか書類ばっかりで難しい!みるのも苦痛・・・そこで税理士の出番!代わりにおばあちゃんやおじいちゃん、そして地元の会社の税金を計算してあげることができます。

 
 

また、会社の経営に困った人がいたら相談にのってあげたり(いわゆるコンサルティングですね)ができます。「あ~チョメチョメさんのおかげで助かったわ、ありがとう^^」と感謝されるステキな職業です税理士って♪♪

 
 

まだまだ書ききれない税理士の魅力、別の記事で話していきたいと思います、乞うご期待(^O^)/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ